1/1

吉本隆明/山本哲士「思想を読む 世界を読む」対話篇

¥2,376税込

¥2,970 20%OFF

別途送料がかかります。送料を確認する

マルクス、フーコー、イリイチなど思想、戦後思想、文学/言語、ジェンダー/対幻想、心的現象、高度資本主義、アジア的、など思想と世界の根源を論じ合う。25年間にわたる対話の集成。評判になった「教育・学校・思想」も収録。世界を本質から考える示唆が山のようにある。
430頁。定価2970円(2700円+税)。
吉本没後10年、特別割引。

❖目次❖
Ⅰ 教育から「思想」「現代世界」を考える
1 吉本隆明 初めて「子育ちと教育」を語る:学校は通過するだけでいい
2 教育・学校・思想
   Ⅰ教育の転位と思想の転位 
   Ⅱシャドウ・ワークと社会主義〈国〉―イリイチの可能性の開削と限界へ 
   Ⅲ産業社会批判の根源と経済・性・対幻想の思想布置︱イリイチの限界を開示する
Ⅱ「アジア的ということ」とジェンダー
3〈アジア的ということ〉と〈対幻想〉
Ⅲ 戦後思想と現代思想 
4 戦後思想史から現代思想史へ:戦後50年を考える 
5 フーコーと革命を語る 
6 フーコーと革命を語る・2
<幻想> と<意志>の関係 <共同幻想と共同意志><対幻想と対の意志>
Ⅳ 高度資本主義への変貌と思想の機軸
7 開かれた国家」への情況と本質の関係世界 
8 国家と言語―『ハイ・イメージ論』を語る1
都市の変貌と超資本主義 
9 国家と言語―『ハイ・イメージ論』を語る2
日本語・言語を考える本質軸︱︱国家以後と国家以前  
Ⅴ 近代を超える歴史時間
10 小林秀雄の近代批評 
11 歴史時間の巨視化と思想 
12『心的現象論』を書いた思想的契機その刊行の新たな資本出版生産形態  
【補】<心的なもの>の根源へ 
山本哲士 「吉本思想を引き継いで理論地平を開く」

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (17)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,376税込

¥2,970

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品