知の新書008 「歯は人生を左右する」 | bookEHESC

1/1

知の新書008 「歯は人生を左右する」

¥1,430 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

坂井秀夫 歯科医師・医院長

歯は食べ物を身体へ入れる大事な入り口。
被せ物や入れ歯やブリッジ、さらに神経をとるなど、歯を削ったりすれば、取り返しはつかない。歯医者は「歯壊者」(歯の破壊者)になっている。歯科医療の経験から、あるべき仕方はどうすることかを、簡明に説く。さらに、「酸素」の効能の意味についても。酸素欠乏が、身体の衰えや病をまねいていく。自分の健康への必読書。
「世の中には誤った神話が満ち満ちている。歯についても同様だ。歯科医としての豊富な実践経験と、客観的なエビデンスを求める科学者としての目を持つ坂井先生が、このような神話を実にわかりやすく解き明かしてくれる。高齢化社会を人間らしくよりよく生きるため、自分の歯との付き合い方を考える上で本書は必読の書だ。」(松下和夫/京都大学名誉教授)
【内容】
1章 歯科医療の実際
2章 痛みが出たら手遅れ
3章 歯医者選び
4章 歯の治療の種類
5章 歯をなくさない予防
6章 根尖病巣ができる原理
7章 歯は万病の元
8章 老化現象
9章 老化と酸素
10章 歯をめぐる巷の嘘
11章 歯と全身疾

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,430 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品