知の新書010「現代日本文学の考古学」 | bookEHESC

1/1

知の新書010「現代日本文学の考古学」

¥1,430 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

山﨑正純 大阪府立大学教授

現代文学に潜む歴史的・現在的な根源問題を浮き出させる。漱石、堀田美江、原民喜、津島佑子、村上春樹、柳美里をめぐるアルケオロジックな考察。
歴史的現在において読む。迫力ある文学論。
【内容】
第一章 漱石の水脈:
   記憶と忘却の文学論
第二章 堀田善衛の詩文:
   戦中と戦後の間
第三章 原民喜「夏の花」:
   灰白色の文学
第四章 村上春樹
   「レキシントンの幽霊」:
   甦りの挫折
第五章 津島佑子『半減期を祝って』
   :記憶のアルケオロジー
第六章 柳美里『JR上野駅公園口』
  :天皇・ホームレス・浄土真宗
column 現代日本文学の世界性

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,430 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品